書籍・出版一覧

ホーム
 > 情報・調査サービス > 書籍・出版一覧 > 包装用フィルム概論

包装用フィルム概論

1997年の初版以来、多数の方々に、好評をいただいている包装用フィルムの教科書の改訂4版(2017年)です。 はじめて、プラスチックフィルムとその包装関連技術を学ばれる方、研究開発及び、製造関連、管理者、営業開発に携われる方など広範囲にわたる実務書として有効です。
プラスチックの基本構造から始まり、構造と特性の基本、因果関係、具体的特性、製造方法、2次加工、製袋、・充填技術、包装機械、包装設計の基本、包材分析方法等に加え、食品包装関連の重要な法律も解説しております。

発行元 (株)東洋紡PPS
著者 (株)東洋紡PPS
発行年月日 2017年5月
サイズ B5
ページ数 362
価格 PPS会員 通常価格:20,000円(税抜)
一般 通常価格:25,000円(税抜)
  • 詳細資料ダウンロード

ページ先頭へ